WPSCセレクションなど開催実績

WPSCセレクション実績

第1回(2003年1月東京大学検見川総合)

中国リーグ合同セレクション

 
現役Jリーガーも多数参加し、2名の合格選手が中国プロクラブと契約。齋藤将基選手は、中国リーグで活躍した後、東京ヴェルディ(Jリーグ)入団と見事にステップアップ
 
 
 

第2回(2013年2月7日J-GREEN堺 2月8日・9日東京大学検見川)

ヨーロッパ各国リーグ合同セレクション

 
高校選手権得点王が参加する熾烈な競争。合格5選手が、ヨーロッパへ渡航!
 
 

第3回(2013年2月15日東京大学検見川)

世界プロサッカー挑戦セレクション

 
当時大学生の佐藤大介選手(前列左2番目)は、合格後プロ選手&帰化。フィリピン代表として2019年アジアカップ本大会出場!
 
 
 

第4回(2014年4月10日から30日までタイの首都バンコク)

タイプロサッカークラブ現地セレクション

 
日本全国から集まった精鋭3選手が、タイ渡航し、名門クラブのプロ契約を勝ち取るプロジェクト。
道都大学卒業の小林勇斗選手が、JWFCと悲願のプロ契約!
 
 
 

第5回(2014年10月11日東京大学検見川)

世界プロサッカー挑戦セレクション

 
プレーヤーズファーストの精神から、この回から参加選手全員と個別面談を実施。
「プロ選手になるため親身になってアドバイスをしてくれて感謝」と参加選手から大好評
 
 
 

第6回(2015年5月23日東京大学検見川)

世界プロサッカー挑戦セレクション

 
神奈川県社会人リーグ所属の小高巧真選手が、チャンピオンズリーグ出場経験を誇る名門レオタール(ボスニア)とプロ契約!
 
 
 

第7回(2015年11月8日東京大学検見川)

 
U-20FIFAワールドカップ優勝国セルビアの名将アツァが来日、スカウティング&トレーニングを実施
ヨーロッパでプロ選手になるモチベーションが格段にアップした」と参加選手は大きな手応えを掴んだ。
 
 
 

第8回(2016年6月4日東京大学検見川)

世界プロサッカー挑戦セレクション

 
ベルギー代表として3回のワールドカップ出場を誇るダニー・ボッファン(アンデルレヒトスカウト)が来日
高校卒業の宮崎巧選手、社会人リーグ所属の高田章宏選手、無所属の山﨑貴斗選手がヨーロッパ・ラトビア1部名門メッタとプロ契約
 
 
 

第9回(2016年11月19日東京大学検見川)

世界プロサッカー挑戦セレクション

 
高校3年生・鈴木梨生選手が合格、チャンピオンズリーグ常連のディナモ・ザグレブ(クロアチア)の強化試合でゴール、アシストを記録。ヨーロッパ1部のクラブでプロデビューを飾る!
 

 

第10回(2017年6月30日八千代市総合・7月1日東京大学検見川)

世界プロサッカー挑戦セレクション 

 
久保田孔了選手が、ドイツの名門FCポンメルン・シュトラールズランド、林海斗選手がポーランドの古豪MKPシュチェチネク、
豊間根大選手が、伝統国チェコのFCドラニー、GK鈴木悦史選手がモンゴルの強豪ウナガヌートなど合格選手が世界各国へ!
 
 
 

第11回(2017年11月24日八千代市総合・11月25日東京大学検見川)

世界プロサッカー挑戦セレクション

 
高校生・瀧口太陽選手が、クロアチア名門NKヴァラジュディンとプロ契約!
東京五輪の隠し兵器とスポニチに特集!
 
 
 

第12回(2018年6月23日東京大学検見川)

世界プロサッカー挑戦セレクション

 
フランスのトップエージェント、アシル・トレゾールが来日、視察
「非常にレベルの高いセレクションだった。ヨーロッパ各国のクラブから獲得オファーが届いている」と参加選手を高く評価!
 
 
 

第13回(2018年11月15日・18日八千代市総合・16日フクダ電子F)

世界プロサッカー挑戦セレクション

 
名門ゼニトのスカウトを務めた経歴を持つマクシムが特別審査員。
将来ヨーロッパ五大リーグでプレーできる逸材と高評価の加藤幹仁選手が、ポーランドの新興勢力チェルスク、
中村亮汰選手がポーランドの古豪MKPシュチェチネクとプロ契約!
 
 
 

第14回(2019年5月25日フクダ電子F)

世界プロサッカー挑戦セレクション

 
千葉県佐倉市が生んだ20歳・岩瀬健志郎選手が、ポーランドの新興勢力ドレズデンコとプロ契約、左サイドバックながら2ゴール8アシストという結果を残し、ヨーロッパビッグクラブから熱視線!
 
 
 

第15回(2019年11月15日・16日フクダ電子F)

世界プロサッカー挑戦セレクション

 
浦和レッズでプレーした元チェコスロバキア代表エース、ルルが来日、視察
好セーブを連発したGK柴田奨選手が、チェコの由緒あるクラブ FCドラニーとプロ契約
日本代表GK川島選手のようにヨーロッパで活躍できるGKとして期待大!
 

 

第16回(2020年7月4日・8月8日フクダ電子F)

「コロナに打ち克つ」

「日本代表を狙う!」

熱く強い気持ちを持った選手たちのために、検温、手洗い・うがい、ソーシャルディスタンスなど徹底した感染症対策を施しながら開催にこぎつけた特別な回となった。

合格選手にはコロナ禍でも渡航可能なポーランドを中心に紹介。

伊藤祐選手は、ポーランドGKSグルンヴァルト・ルダシロンスカ入団を果たした。

 

第17回(2020年11月4日・12月2日フクダ電子F)

世界プロサッカー挑戦セレクション

 
高校選手権本大会出場経験を誇る選手やJリーグ下部組織でのプレー経験を持つ選手が複数参加するなど右肩上がりのWPSCセレクションを象徴する回となった。
 
ヨーロッパの名門クラブからオファーを受けている選手もおり、コロナ禍という特別な事情であるため例年より少し時間がかかるが、朗報が届くことは間違いない。
 
 

 

第18回(2022年5月29日・6月26日フクダ電子F)

世界プロサッカー挑戦セレクション

 
熱く強い気持ちを持った選手たちのために、検温、手洗い・うがい、ソーシャルディスタンスなど徹底したコロナ感染症対策を施しながら開催が出来た特別な回となった。
 
ヨーロッパの名門クラブからオファーを受けている選手もおり、コロナ禍という特別な事情であるため例年より少し時間がかかるが、朗報が届くことは間違いない。
 
 
 



【海外入団テスト 国内選考会】

2018年2月11日東京大学検見川

モンゴルナショナルプレミアリーグ特別推薦選手選考会

 
Jリーグユース現役選手が参加。西尾龍也選手が、モンゴルナショナルプレミアリーグ得点王に輝いた!
 
 

2019年2月1日 ZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREA(千葉県千葉市)

モンゴルナショナルプレミアリーグ特別推薦選手選考会

 
豊橋市社会人リーグ所属の日比康介選手が合格、名門ホルムホンとプロ契約!
 
 
 

2020年2月11日 ZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREA(千葉県千葉市)

東アジア各国合同リーグ特別推薦選手選考会

 
香港プレミアリーグ、台湾プレミアリーグ、モンゴルナショナルプレミアリーグなど親日の東アジア各国のプロリーグに特別推薦する選手の発掘に数多くの選手が参加
「東アジアは、日本の近隣でもあり、文化や生活が似ている。東アジアからスタートしてヨーロッパに行きたい」と参加選手は目を輝きながら話した。
 
 

2021年2月8日フクシ・エンタープライズ墨田フィールド

プロクラブ特別推薦選手セレクション

世界100ヶ国300以上のプロクラブに推薦するハイクオリティーの選手を発掘するために開催した特別な機会に、日本代表を目指す熱きサムライたちが集結。

サッカーの本場ヨーロッパのプロクラブに推薦できる選手をスカウティングできたのは、大きな収穫だった。